訴状・準備書面をみながら裁判を理解して頂きます

 
  債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所   債務整理・自己破産・多重債務・過払い|城南司法書士合同事務所HOMEサイトマップ  
 
 
業務案内事務所案内費用についてマイオピニオンお問い合わせ
債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所 債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所
 
 業務案内
 
   
     
  暮らしの法律相談  
 
 
・法律相談って何なの?
・誰でもわかる裁判手続きの流れ
・誰でも裁判が利用できる
・インターネット被害増加中
・司法の仕組み
・裁判の実際
労働事件
解雇予告手当金等請求事件
入学金返還請求事件
請負代金請求事件
 
   
  借金整理について  
 
 
 
     
  インターネット借金整理  
 
 
   
 

TOP > 暮らしの法律相談

 
 
 
 
 
裁判の実際
 
 
 
  実際の事件での訴状、準備書面を見ていただきながら裁判を理解して頂きます。

 
 
 
労働事件
 
 
 
  解雇手当未払いの場合

賃金未払いや解雇予告手当ての未払いについては、通常は労働者が労働基準監督署にその事実を申し立てると、労働基準監督署が雇用者を指導することで問題の大部分が解決します。

しかし、雇用者側が解雇につき一定の言い分を持っていたりする場合には、行政庁だけでは問題が解決出来ずに、裁判所の判定を待たざるを得ないことになります。 雇用者は、解雇された従業員にたいし、会社には顧問弁護士もいるし,訴えるなりなんなり自由にしてくれと言うのが常ですが、実際には訴えれば雇用者本人が法廷に出てくるのが普通です。弁護士費用が高いから、本人が出廷して来て和解を求めるのです。顧問弁護士がいるという脅しは、財力の乏しい相手方が自力で訴えることは無いだろうという見込みで相手方を牽制しているわけです。 この事件は当方の和解で一回、半日で結審となりましたが、当方の手続き費用は着手金、成功報酬含め10万円でした。弁護士の高額な手数料を訴訟の取り引き材料に出来る時代はもうすぐ終わりになるのではないでしょうか。
 
 
  ▲ このページのTOPへ