自分の生活を見直し、まずは3年頑張ましょう

 
  債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所   債務整理・自己破産・多重債務・過払い|城南司法書士合同事務所HOMEサイトマップ  
 
 
業務案内事務所案内費用についてマイオピニオンお問い合わせ
   
 
 業務案内
 
   
     
  暮らしの法律相談  
 
 
 
     
  借金整理について  
 
 
・借金整理入門編
●借金脱出日々進化する環境と手段
●超簡単借金整理の理解
●城南司法書士合同事務所の借金整理10年
●借金脱出の基本原則
●借金整理と家計再建の方法
●最低生活費基準
●多重債務者の発生システム
●借金整理選択の目安
●家計の根本徹底研究
●手続き費用なければどうする?
 
   
 
     
  借金整理実践編  
 
   
 
     
  インターネット借金整理  
 
 
   
 

TOP > > 借金整理について

 
 
 
最低生活費基準
 
 
  借金に苦しむあなたの暮らしは案外贅沢かも? フレッシュスタートは3年の辛抱と勉強から。
 
 
最低生活費
 
 
債務者の返済能力を判断する場合の基準として当事務所が使用しているガイドラインです。生活をここまで辛抱しても支払い不能であれば自己破産です。もしこの基準と比してゆとりがあれば、それを返済の資金として3年ガンバル。その気力が大事です。さあ、皆さんはどうでしょうか。
タイプ 住居費除く最低生活費
独身者 16万円
夫婦2人 22万円
夫婦子供1人又は3人家族 24万円
夫婦子供2人又は4人家族 26万円
(家賃を含まない実質生活費です)

法律扶助協会の支給基準と同様の水準です。 もし独身者が月8万円のワンルームを借りて居住していたとすれば、月4万5千円の4畳半に移転すれば、月3万5千円の返済資金が捻出されるということになります。
 
 
 
任意整理中、返済の三年間のぎりぎりの生活の中でも起こりうる臨時の出費
 
 
省けないもの 省けるもの
親兄弟親戚の葬式 車の修理代、税金
勤務先からの解雇 友達の結婚式の費用や付き合い
アパートの更新料 出産費用
病気の治療 帰省
 
 ヤミ金が生活で省けない出費に目を着けていることに気をつけよう。
又、公的融資機関がないことを良いことにこのような資金需要に目をつけ
過剰貸し付けをするのが消費者金融の営業政策
  ▲ このページのTOPへ