報酬と価格の理論6 最後に依頼人の皆様へ

 
  債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所   債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求[城南司法書士合同事務所]HOMEサイトマップ  
 
 
業務案内 暮らしの法律相談事務所案内費用についてマイオピニオンお問い合わせ
債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所 債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所
 
 
城南司法書士合同事務所案内
  勝瑞認定司法書士 勝瑞認定司法書士には、自己破産・債務整理に
10年の経験と実績があります。
 
 
    2004年の債務整理の成果と実績一覧表  
 
★過払い金返還請求について
業者請求額より減額された債務者の方の獲得利益については報酬金はいただきません。
 
    国の法律扶助のご案内
(裁判手続き費用援助)
 
 
2006年5月1日から
★自己破産(同時廃止)
一人9万円(分割可)
 
手続き費用の詳細は
ここをクリック
 

ご相談はこちらから

 
 

債務整理、個人再生、自己破産、扶助協会、悩み、心配、質問など何でもOKです。

  
 債務整理関連のご相談は無料です
 
 
城南司法書士合同事務所
Tel : 03-3495-4009
03-3495-4128
E-mail :メイル相談は 
 
 
 
    インターネットサービス  
 
ご近所に知られたくない、近所の役所、郵便局には同級生が!!

でもOK!
ここをクリックしてください。
無料電話相談は下記番号で。

債務整理、個人再生、自己破産、扶助協会、悩み、心配、質問など何でもOKです。
 
 
 
地方専用無料借金問題電話相談ダイヤル
Tel : 03-6820-7247
 
 
 
   
 
 
リンク自由歓迎です
事前事後通知など一切不要です。
 
 
 
 
 
 
  報酬と価格の理論 6
 
 
 
 
 
最後に依頼人の皆様へ
 
 
 
 

結局、知識サービス業の場合の報酬基準は成功報酬が原則と言えるでしょう。しかしながら、知識サービス業の内容は様々で、当事務所のように確定料金と成功報酬を両建てとしているところもあります。
結局、知識サービス業のコストを決める基準は一義的には決められないということです。そのようなものですから、依頼人との報酬をめぐるトラブルもおこりがちとなります。コストの目安が一般の方には分からないので司法書士や弁護士からいくら請求されてもそれが高いのか安いのかさっぱり分からないということになるわけです。

とすれば、取り引き価格の市場における相場というものが、利用者の選択する唯一の価格の目安ということになります。であれば、供給側の司法書士、弁護士の側から、利用者にサービスの内容と価格が十分に示されていて、利用者はそれを容易に選択できるような、競争的市場の存在が不可欠です。しかし、日本では士業の広告規制が廃止されたにも関わらず未だに資格業ビジネスにおいては競争市場が未発達で、競争の結果形成される相場価格というものがありません。何故消極的かと言えば業務独占資格者の得ている消費者への優越的地位による利益を失いたくないからということです。

そのため、後進国並みの二重価格などが存在したりしています。例えば東京弁護士三会は、自己破産一人40万円という価格を出していますが、これには拘束力が無いので旧来の報酬基準で請求する法律事務所も少なくありません。その価格は60万円から70万円です。

東京弁護士三会の出した基準価格は本来、消費者の利益を考えて公開されたものですが、この価格の根拠も思いつきの域を超えたものではありません。もともと初めに述べたとおり原材料や労賃、物流コストなどからコスト計算しやすいモノとは違って、知識サービスの適正原価計算などはそもそも不可能なんです。

ですから、このような知識サービスの価格は、十分に開かれた競争市場において決定されることこそが本質的に重要なのです。開かれた市場において選別淘汰され生き残った相場価格を基準とした価格こそ、正当な価格なのです。

ですから、東京弁護士三会の出した基準価格も、市場における国民の選択を受けていないという点では、厳格には独占禁止法違反を問われても仕方ありません。何故なら、その基準価格が今度は下限となる作用を引き起こすからです。
                      おわり

 
 
    報酬と価格の理論  
 
 
  ▲ このページのTOPへ
 
 
  プライバシーポリシー
Copyright (c) 2004 城南司法書士合同事務所 All Rights Reserved.