正義にかなう司法書士、弁護士等の報酬とは何か (6)

 
  債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所   債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求[城南司法書士合同事務所]HOMEサイトマップ  
 
 
業務案内 暮らしの法律相談事務所案内費用についてマイオピニオンお問い合わせ
債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所 債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所
 
 
城南司法書士合同事務所案内
  勝瑞認定司法書士 勝瑞認定司法書士には、自己破産・債務整理に
10年の経験と実績があります。
 
 
    2004年の債務整理の成果と実績一覧表  
 
★過払い金返還請求について
業者請求額より減額された債務者の方の獲得利益については報酬金はいただきません。
 
    国の法律扶助のご案内
(裁判手続き費用援助)
 
 
2006年5月1日から
★自己破産(同時廃止)
一人9万円(分割可)
 
手続き費用の詳細は
ここをクリック
 

ご相談はこちらから

 
 

債務整理、個人再生、自己破産、扶助協会、悩み、心配、質問など何でもOKです。

  
 債務整理関連のご相談は無料です
 
 
城南司法書士合同事務所
Tel : 03-3495-4009
03-3495-4128
E-mail :メイル相談は 
 
 
 
    インターネットサービス  
 
ご近所に知られたくない、近所の役所、郵便局には同級生が!!

でもOK!
ここをクリックしてください。
無料電話相談は下記番号で。

債務整理、個人再生、自己破産、扶助協会、悩み、心配、質問など何でもOKです。
 
 
 
地方専用無料借金問題電話相談ダイヤル
Tel : 03-6820-7247
 
 
 
   
 
 
リンク自由歓迎です
事前事後通知など一切不要です。
 
 
 
 
 
 
  正義にかなう司法書士、弁護士等の報酬とは何か (6)
 
 
 

そこで、「機会費用」という概念の内容について説明しておきましょう。

この概念をもちいると、弁護士資格や司法書士資格の経済的価値を推定することが出来ます。例えばロースクールに600万円払って3年間勉強し弁護士資格をとったとします。その間の住居費や生活費が1200万円とすれば、会計帳簿上は、弁護士の資格は1800万円ですから、では、このコストを弁護士業務で稼ぎ出せば黒字と言えるのでしょうか。

実は陰の費用があります。それは、その3年間ロースクールに行かなければ、働いて所得を得ていたかも知れないし、世界旅行が出来たかも知れないし、音楽的才能があればミュージシャンとして成功していたかも知れない。あるいは、働いて所得を得ながら一発試験の司法書士試験に合格しマンション売買の集合的移転登記で儲かっていたかも知れない。


ところがロースクールに行くことで、特定の貴重な代替的選択を諦めたことになる。従って、弁護士資格の真の経済的費用は、ミクロ経済学の立場から見れば、貴方にとって次善の代替的選択肢を諦めたことによる価格、つまりそうしなければ得たであろう利益こそが貴方にとって真の費用となるわけです。

ですから、弁護士稼業で稼ぎ出さなければならない回収費用は、支出した1800万円+失われた得べかりし費用(機会費用)となるわけです。


もう一つ例をあげます。貴方が、1000万円持っていて1000万円のマンションを買いそこに居住したとする。そして5年後マンションは500万円に値下がりしたとする。もしマンションを買わないで他の金融資産で運用していたら、この5年間で配当が50万円入ってきたとする。とすると、このマンションに費やした本当の費用は、買わなければ失わなかった500万円と50万円、それに1000万円を足したもの、1550万円なのです。

日本人はバブルで大損こきました。そして今度はどうやら増税とインフレのダブル爆弾。出生率が下がるわけです。

 
 
    正義にかなう司法書士、弁護士等の報酬とは何か  
 
 
  ▲ このページのTOPへ
 
 
  プライバシーポリシー
Copyright (c) 2004 城南司法書士合同事務所 All Rights Reserved.