正義にかなう司法書士、弁護士等の報酬とは何か (8)

 
  債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所   債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求[城南司法書士合同事務所]HOMEサイトマップ  
 
 
業務案内 暮らしの法律相談事務所案内費用についてマイオピニオンお問い合わせ
債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所 債務整理、自己破産、民事再生、過払いの返還請求 城南司法書士合同事務所
 
 
城南司法書士合同事務所案内
  勝瑞認定司法書士 勝瑞認定司法書士には、自己破産・債務整理に
10年の経験と実績があります。
 
 
    2004年の債務整理の成果と実績一覧表  
 
★過払い金返還請求について
業者請求額より減額された債務者の方の獲得利益については報酬金はいただきません。
 
    国の法律扶助のご案内
(裁判手続き費用援助)
 
 
2006年5月1日から
★自己破産(同時廃止)
一人9万円(分割可)
 
手続き費用の詳細は
ここをクリック
 

ご相談はこちらから

 
 

債務整理、個人再生、自己破産、扶助協会、悩み、心配、質問など何でもOKです。

  
 債務整理関連のご相談は無料です
 
 
城南司法書士合同事務所
Tel : 03-3495-4009
03-3495-4128
E-mail :メイル相談は 
 
 
 
    インターネットサービス  
 
ご近所に知られたくない、近所の役所、郵便局には同級生が!!

でもOK!
ここをクリックしてください。
無料電話相談は下記番号で。

債務整理、個人再生、自己破産、扶助協会、悩み、心配、質問など何でもOKです。
 
 
 
地方専用無料借金問題電話相談ダイヤル
Tel : 03-6820-7247
 
 
 
   
 
 
リンク自由歓迎です
事前事後通知など一切不要です。
 
 
 
 
 
 
  正義にかなう司法書士、弁護士等の報酬とは何か (8)
 
 
 

代書屋の仕事を見て、こんなものなら俺でも出来るというお客さんは少なくないのですが、そのことは、供給者側の価格の設定と、利用者側の選択とは全く関係ないことです。

知識サービスの選択においては、そのサービスによって得られる利益と失われる機会費用のコストを冷静に判断することが重要です。簡単な役員変更登記を例に価格設定の仕方を前回書きましたが、利用者側の「機会費用」を基準としながら、競争要因を考慮しつつ価格を最終的に決定します。サービス価格決定の基本はこれに尽きると思います。


競争要因とは同業司法書士との価格競争で、たとえ「機会費用」基準を満たしていても、他の司法書士がそれよりも安い価格でサービスを提供していれば、想定した「機会費用」を割り込んでも、利用者の選択を得るためには、その競争要因を優先して価格を決定せざるを得ず、そうなれば、事務所の効率性を高めるとか経費を削減するとかして価格優位性を確保しなければなりません。

それによりサービスの質が劣化すれば市場から追放されるということです。
そして、そのような競争をとおして、利用者、消費者は質が良く安い価格のサービスを得ることが出来るのです。これが消費者主権の社会です。


次に、重要なミクロ経済学の基本概念は、情報非対称性という概念です。中古自動車のデイーラーと購入客とでは、車に関する知識(情報)量は圧倒的な差があります。これを、情報非対称と言うのですが、司法書士と依頼人との関係も、弁護士と依頼人との関係も全く同様の関係にあります。

この情報非対称性から来る購入客、利用者の危険はどうして防ぐことが出来るでしょうか。勉強して情報不足を補うのでしょうか。

そうではありません。中古自動車デイーラー(専門家)同士が、顧客を前にして完全競争することで、顧客は車(製品、サービス)に関する情報がなくても満足な結果を得ることが出来るようになるのです。

 
 
    正義にかなう司法書士、弁護士等の報酬とは何か  
 
 
  ▲ このページのTOPへ
 
 
  プライバシーポリシー
Copyright (c) 2004 城南司法書士合同事務所 All Rights Reserved.