コンテンツ

超簡単借金整理の理解

借金整理とは?

借金整理とは、借金の返済に困った時

  1. 返済条件を債権者に緩和してもらうこと
  2. 返済金をまけてもらうこと
  3. 返済金を帳消しにしてもらうこと

です。これは債務者から見た借金整理です。

債権者から見れば

①は資金運用の予定利益の損失の代わりに確実早期に貸付金を回収し危険なお客さんと取引を中止すること・・・長期分割支払い等の条件緩和で本当に確実に返してもらえるのかなということが問題となります。

②はっきり返済困難と判断される債務者から少しでも返してもらおうというもので、現金一括弁済が原則、なぜなら でないから になるわけで、これを分割にしても早晩払えなくなるのは明らかだからです。

③は自己破産で、回収をあきらめる代わりに損金としての会計処理をいかに早くするかが問題となります。

②③の場合には、自衛策としてコンピュータを駆使して危険な客の情報を同業者に速やかに知らせます。いわゆるブラックですね。

債務者としては

①を望む場合は、給与明細書や生計費などを明らかにして条件緩和での返済が明らかであることを債権者に納得してもらうことが必要ですね。

②の場合には、返済用の現金を用立てるか、有力な保証人をつけるか、個人民事再生を申し立てるかしかありません。債権者に元本カットに応じてもらうにはそれだけのことが必要になります。 ②の場合は、自己破産か5年間の夜逃げ逃亡です。

昔し一億不動産屋、今金貸し、末端のヤミ金に至るまで素人の金貸しがはやっていますが債権者は見かけほど強くないんです。債権者はお金を貸すまでが王様、貸した瞬間から債務者が王様となります。その王様が約束どおり返してくれなくなったら、腹はたつし、はらはらして胃は痛くなるし、強行策打っても回収コストがかさむばかり、債務者様をなだめたりおだてたりおどかしたり、結局、最後はあきらめということになります。適当なところであきらめられない金貸しは倒産します。