コンテンツ

言論

法律新聞は戦前から続く法曹界唯一の新聞です。 自由と人権を柱に、日々変わりつつある裁判所、弁護士界、司法書士界、法務省の動きを報道し続けています。


勝瑞司法書士が法律新聞に週一のオピニオンの連載は、2006年3月で連載387回。 市民のための開かれた司法の実現が主張の目的でした。


2003年4月29日から8回、夕刊フジで連載された大下英治氏の〈正義という名のビジネス〉「クレサラ騒動の内幕」という記事です。この中で勝瑞司法書士が3回に渡り発言し、高すぎる自己破産手続き費用は、弁護士や司法書士事務所の閉鎖性や競争回避体質がその原因と主張。